ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママの〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

嵐にしやがれ〜大野丸日本一周プロジェクト その2〜

 

こんにちは。

 

今日は、昨日の続きです。

大野丸日本一周プロジェクト その2になります。

シゲと一緒に囲炉裏を作ったさとちゃん。

今日は、囲炉裏と共に出航です! 

 

f:id:kazanehime:20180723082341j:image

ナレ「それでは、釣りたての魚を、作りたての囲炉裏で調理してみようではないか」 


f:id:kazanehime:20180723082142j:image

ナレ「待ちに待った釣りへ、いざ出発!」

カッコいいね~、いつ見ても♥ 

いつも通り、パイレーツオブカリビアンのBGMに乗せて出航!

松潤「なんでパイレーツ?」

 

ナレ「本日の出発地点は神奈川県の葉山マリーナ。ここから江の島の釣りスポットへ向かう」

相葉「江の島いいね~」
f:id:kazanehime:20180723082329j:image

シゲ「やっぱ、テレビで行くと釣れないよね~」

「釣れない!」

シゲ「釣れないっすよね~」 


f:id:kazanehime:20180723082236j:image

シゲ「だけど今日はゼロってわけにはいかないっすよ」

シゲ「あ、ゼロと言えば、『一攫千金ゼロ』っていうドラマやるんですけど」(;^_^A

「どうぞどうぞ」と言わんばかりにカメラに手を伸ばすさとちゃん(^_-)-☆

シゲ「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ


f:id:kazanehime:20180723082307j:image

シゲ「明日夜10時からです」 

今度はカメラに向かって手をパッと広げて・・・


f:id:kazanehime:20180723082216j:image

またカメラに手を伸ばすさとちゃんでした♥ 

シゲ「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ


f:id:kazanehime:20180723082333j:image

「じゃ~、しばらく釣り行けないじゃん」

このお顔がたまらなく好き

ちょっと儚げで、優しいお顔( ˘ω˘ ) 

シゲ「そうっすね~」


f:id:kazanehime:20180723082152j:image

「じゃ~、俺釣れたら写真送るね!」(^_-)-☆ 


f:id:kazanehime:20180723082311j:image

シゲ「いや、本当にチョイチョイ送ってくるんすよ」 


f:id:kazanehime:20180723082314j:image

シゲ「大野くんのなんかすごい笑顔のこういう・・・」

「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ 

シゲ「いっぱいありますよ。大野くんのこういう写真」

「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ

 

ナレ「船を走らせること30分」

 

シゲ「あ、もうちょっとじゃない?」

「もうじゃん?着くんじゃん?ここがポイントだ」

ナレ「水深が深くなっており、魚が多いポイントに到着」
f:id:kazanehime:20180723082200j:image

「ま、だいぶ水深深いけど、ま、いることはいるからやってみよ!」(´ー`) 


f:id:kazanehime:20180723082322j:image

シゲ「ハハハハハ!っぽい! ぽいっす、船長!」ヾ(≧▽≦)ノ


f:id:kazanehime:20180723082337j:image

「じゃあ準備して~!」 (* >ω<)=3 プー 

さとちゃん、すっかり船長モード。

そのおてて何?(;^_^A


f:id:kazanehime:20180723082207j:image

シゲ「ハハハ!聞いたことある!こういうの、船長 」

「ええ」

シゲ「『準備して!』って言うんだよな、大体」(;^_^A


f:id:kazanehime:20180723082232j:image

「水深100m」

「ボトムまで落としてね」 

シゲ「ハハハ!底取ればいいですか?」

「底取って!」


f:id:kazanehime:20180723082325j:image

「根がかりが、あの、いっぱいあるから注意して!根がかりだけ」 

シゲ「俺らしか分かんない『あるある』」(;^_^A


f:id:kazanehime:20180723082249j:image

シゲ「じゃ~、やりますか、船長」

「早くやんないとポイントずれちゃう!」( `ー´)ノ 

シゲ「ずれちゃいますか」


f:id:kazanehime:20180723082303j:image

ナレ「それではいよいよ釣り開始!」 


f:id:kazanehime:20180723082345j:imagef:id:kazanehime:20180723082318j:image

「今日はですね~、この~、この仕掛け」

「サバの切り身ですね」

「これを使って底まで落として、ほんで、ま、五目釣りですね」


f:id:kazanehime:20180723082242j:image

「ま~だからなにが釣れるか分かんない」

「ま、そういう釣りを今からやりたいと思います」

翔「早っ!なめらか」( ゚Д゚) 


f:id:kazanehime:20180723082259j:image

「どうぞ!」 


f:id:kazanehime:20180723082222j:image

シゲ「釣りの時、すんごいしっかりしゃべるんすね?ハハハハハ!」(;^_^A

ほんとに饒舌!

普段はあんなにカミカミなのに・・・コラコラ

 

ナレ「さあ、江の島の海でいったいなにが釣れるのか?」

 

「シゲ、初主演なんだ!」

シゲ「連続ドラマの」

「の?」

シゲ「この時間は初です。深夜とかはある・・・」

「あ、なるほど」


f:id:kazanehime:20180723082351j:image

シゲ「大野くん、差し入れとかどうするんすか?」

「俺は大体焼き肉弁当だ」


f:id:kazanehime:20180723082253j:image

そう言った後、なぜか照れるさとちゃん・・・♥ 

焼き肉弁当って恥ずかしいの?


f:id:kazanehime:20180723082228j:image

「俺1回、映画ん時だけど~ 、ラーメンやったよ」

シゲ「あ、ラーメン!」

「屋台」

シゲ「その場でやってくれんですよね?」

「そうそう」

シゲ「あったかいラーメン」


f:id:kazanehime:20180723082246j:image

「で、意外と焼き肉弁当より安い!」 (^_^メ)

シゲ「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ

「フフフフフ♥」

そうなんだ~。

お弁当が置いてあるより楽しそうだし、安上がりならとってもいいですね。


f:id:kazanehime:20180723082136j:image

ナレ「一方、釣りは30分待ってアタリ無し」 

「あと20分しかないよ」

シゲ「囲炉裏なんか作ってる場合じゃなかったな~」

「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ

「そういうこと言うんじゃない!」(>_<)

シゲ「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ


f:id:kazanehime:20180723082212j:image

「これでだって釣れてさ~、焼けたら最高だよ?」

シゲ「最高っすね!」 

 

ナレ「と、その時!」 

f:id:kazanehime:20180724151453j:image

シゲ「あ、食った!食った!」

ナレ「加藤の竿に本日初のヒット!」

「あ~、きたきたきた!」 


f:id:kazanehime:20180724151430j:image

「おまえ先食うんじゃね~よ!」

「先釣んなよ!」 ( ・`ω・´)


f:id:kazanehime:20180724151412j:image

シゲ「なんかすんません」(-_-;) 

さとちゃん、がっくり・・・

ナレ「大野丸あるある、船長が釣れない」

ほんと、いつも釣れませんね・・・(>_<)


f:id:kazanehime:20180724151444j:image

シゲ「ギリギリまで立たね~、みたいな」

シゲ「魚の気配がするまで立たね~、みたいな」

 

f:id:kazanehime:20180724151501j:image

シゲ「そういう姿勢だからダメなんですよ!」


f:id:kazanehime:20180724151405j:image

シゲ「ちゃんとこう、向き合ってかないと!」 

まさかの後輩から厳しいダメ出しが (* >ω<)=3 プー

さとちゃん、こんなに頭下げちゃってるし。


f:id:kazanehime:20180724151420j:image

「あっ!なんかデカい!」(゚д゚)! 

 

ナレ「いよいよ獲物のお目見え。一体なにがかかったのか!」
f:id:kazanehime:20180724151437j:image

漁師さん「やった!アラだ!アラ!」

シゲ「アラ!」 


f:id:kazanehime:20180724151357j:image

漁師さん「 スゴい!!高級魚!」

シゲ「アラ!」


f:id:kazanehime:20180724151433j:image

漁師さん「アラ、驚いた!」 (* >ω<)=3 プー 


f:id:kazanehime:20180724151525j:image

「『アラ、驚いた・・・』」(;^_^A 


f:id:kazanehime:20180724151440j:image

「うまいこと入れてくるな・・・」 (* >ω<)=3 プー 

これはきっと、漁師の中ではよく言うギャグなのかもしれない・・・

 

シゲ「珍しいっすか?」

「うわっ!すげ~!すげ~!すげ~!お~!」(゚д゚)! 

シゲ「イエ~イ!」ヾ(≧▽≦)ノ

 

ナレ「釣り上げたのは幻の魚と呼ばれる高級魚、アラ。水揚げされても高級魚店に回されるため市場には出回らず、1kg1万の値がつく」

f:id:kazanehime:20180724151457j:image

シゲ「なんかもう、触っただけで柔らかいのが分かります」

って、さとちゃん?

 

f:id:kazanehime:20180724151427j:image

シゲ「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ 


f:id:kazanehime:20180724151401j:imagef:id:kazanehime:20180724151504j:image

・・・・・( 一一) 

シゲ「顔!顔!」


f:id:kazanehime:20180724151449j:image

「いいよ、もう1回やんなよ!」

「これでもう1匹釣ったら本物だよ!」(´ー`) 

 

ナレ「ということで、セカンドチャレンジ。すると・・・」

シゲ「あっ!きてるきてる!」

「きてるきてるきてる!」 (゚д゚)!

 

ナレ「そして・・・」

f:id:kazanehime:20180724151416j:image

「おっ!いるじゃん!!」(゚д゚)!

 

ナレ「加藤、2匹目はユメカサゴ

f:id:kazanehime:20180724151522j:imagef:id:kazanehime:20180724151508j:image

シゲ「あれ?大野くん!」

シゲ「大野くん、いましたわ!」

そっぽを向くさとちゃん・・・(>_<) 

でも・・・


f:id:kazanehime:20180724151423j:image

「お見事!」\(^o^)/ 

ちょっと不貞腐れてる感はありますが、ちゃんと祝福できましたね(;^_^A


f:id:kazanehime:20180724151531j:image

ナレ「大野船長、心が折れる」 


f:id:kazanehime:20180724151408j:imagef:id:kazanehime:20180724151515j:image

「いや~、最初に釣り・・・誘ったの誰だっけな~?」

シゲ「ハハハハハ!」ヾ(≧▽≦)ノ 


f:id:kazanehime:20180724151518j:image

ナレ「とはいえ、獲物は捕れた。囲炉裏に火をおこし、いよいよ調理!」 

 

f:id:kazanehime:20180724212742j:image

ナレ「まずは幻の魚、アラ」

シゲがウロコを取っているのを、隣で見てます。

「うわ!身が綺麗だね~」

シゲ「綺麗っすね~」


f:id:kazanehime:20180724212803j:image

「あ、これウマいよ、絶対ウマいわ」

長嶋「いや、オイシそうだな~」

シゲ「行きますか」

「行け!」

「イエ~イ!」

「あ、ぴったりじゃ~ん!サイズも」

ほんと、網のサイズがぴったり!


f:id:kazanehime:20180724212755j:image

ナレ「kg1万の高級魚を、この上なく雑に調理」

翔「ほんとだね~」

ワイプのさとちゃん、笑ってますね(;^_^A


シゲ「イイ感じっすよ」

「うわ!いい匂い」

シゲ「イイ匂いします」

 

ナレ「さらにユメカサゴは、腹を開いて丸焼きに」

「あ〜、いいじゃん!」

 

f:id:kazanehime:20180725185531j:image

ナレ「それでは早速食べてみよう!」

「うわ!すごいね、これね〜」

シゲ「ハハハハハ!行っちゃいますか」

「行っちゃってください」


f:id:kazanehime:20180724212811j:image

アラの身を食べるシゲ。

シゲ「あ〜!」

「ハハハハハ!」(*>ω<*)

シゲ「めっちゃウマい!」

「これはヤバイね〜」

シゲ「これヤバイっすね」

すごく美味しそうだわ〜╰(*´□`*)╯♡


f:id:kazanehime:20180724212734j:image

さとちゃんもパクっ!


f:id:kazanehime:20180724212759j:image

「あ〜!」

「あ、ウマいな〜」

シゲ「ウマいっすね〜」

シゲ「味が濃い!弾力すごい!」

「ウメ〜!」

もう「ウマい」しか言葉が出てこない2人。

ユメカサゴは逆に柔らかくて、こちらも美味しかったようです。


f:id:kazanehime:20180724212823j:image

シゲ「正直、囲炉裏作ってる時は『なにやってんだろ』と思ってましたけど、ここに全てがあったんだと思うと・・・」

「でしょ?」

シゲ「大成功じゃないすか?今日」

「大成功だ、マジで」


f:id:kazanehime:20180724212737j:image

ナレ「ということで、日本一周に向け、大野丸の装備が1つレベルアップ!」


f:id:kazanehime:20180724212724j:image

シゲ「いや、めっちゃ楽しかったっす!」

「良かった!」


f:id:kazanehime:20180724212815j:image

シゲ「釣れて良かったし」

「釣れて良かった、ほんと」

シゲ「こればっかりは本当、ガチじゃないすか」

「ガチ」


f:id:kazanehime:20180724212747j:imagef:id:kazanehime:20180724212730j:image

「持ってるよね」( `ー´)ノ

シゲ「すみません、天才勝負師なんで」(;^_^A


f:id:kazanehime:20180724212752j:image

シゲ「あ、天才勝負師といえば、あの・・・ふふふ」(^ ^)

「番宣して〜」

「番宣して〜」(*˘︶˘*).。.:*♡


f:id:kazanehime:20180724212828j:image

ナレ「以上、大野と加藤の囲炉裏プロジェクトでした」

ユメカサゴ、もう一匹いたね。

漁師さんが釣ったのかね?

 

釣りしてると、ほんとに楽しそうだね、さとちゃん。

いつも番組では釣れなくて、ストレス溜まっちゃわないかしら。

それにしても、ほんとに日本一周なんて、出来るのかな?

心配になっちゃいます。

コンサートツアーが始まったら、なかなか出航できないと思うしね。

水難事故だけはしないでね(´・-・。)クスン