ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

「熱闘甲子園」テーマソング発表会・全文紹介

 

こんにちは。

 

今日は日曜日のため、本当ならお休みさせていただくところなのですが、モデルプラスさんから、「熱闘甲子園」テーマソング発表会の模様が全文紹介されていましたので、頑張ってます!

それから、北海道のお友達から「イチオシモーニング」の映像をいただきましたのでそちらも合わせてご紹介します。

 

 

ウグイス嬢によるアナウンス

一人ずつ小走りで登場

 

1番、サード、相葉くん

2番、セカンド、大野くん

f:id:kazanehime:20180429083445j:imagef:id:kazanehime:20180429082850j:imagef:id:kazanehime:20180429083503j:image

3番、ファースト、二宮くん

4番、ピッチャー、櫻井くん

5番、キャッチャー、松本くん

 

― それではこれより「ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング」発表会見を開会いたします。

~プレイボールのサイレン~

一同:おぉー!

 

相葉雅紀:信じられないですね!だって後ろ(オーロラビジョン)にも僕らの名前を!

スクリーンに映し出された嵐の名前 
櫻井翔:ほんとだね。相葉、大興奮!

相葉:マジで大興奮ですね。帰り、砂持って帰ります。ふふふ

櫻井:やめてください

二宮和也:またね、またね。

相葉:そっか。また来るか。

 

― ウグイス嬢のアナウンス、ポジションは相葉さんが決めたそうですね。

相葉:はい、僕が。

松本潤:相葉くんが選んでくれたの?

相葉:そうなんです。僕も野球をやっていたんですけど、その時サードだったので僕はサードで。なんか大野さんは2番セカンドっていう職人な感じがして。

f:id:kazanehime:20180429083717j:image

大野智:職人な感じの人がやるの?

f:id:kazanehime:20180429083734j:image

相葉:そう。バントとかうまかったり。野球知ってますか?バントって知ってます?

f:id:kazanehime:20180429083753j:image

大野:バントは知ってますよ(笑)。

f:id:kazanehime:20180429083805j:image

相葉:よかった、よかった。

大野:あのー、え?こういうやつでしょ?(ボールが弾んでいくジェスチャー

f:id:kazanehime:20180429083828j:image

松本:それバウンド。バウンドですね。

f:id:kazanehime:20180429083841j:image

一同:笑

相葉:これ、これ(バントのジェスチャー)!

大野:あ、これか。

f:id:kazanehime:20180429083857j:image

二宮:それです、それです。

相葉:そういうのが上手い人が2番なんで大野さんに。で、二宮くんは僕とよく野球をするんですけど、その時にファーストを守ってもらうことが多いので。左利きで、サウスポーなのでファーストかなと思って。で、4番ピッチャー櫻井さんは…

二宮:球速いからね。

相葉:球速い。ドラマで見たらめちゃくちゃいい球投げてたから。

櫻井:違う、違うのよ。CGなのよ。もう10年くらい前のドラマだけど(笑)。

相葉:CGなの?

櫻井:ピュアにもほどがありますよ。

相葉:ふふ。めちゃくちゃいい球投げてたからピッチャーをやってもらおうかなと思って。松本くんも小学校のとき少年野球をやっていて、キャッチャーをやっていたと話を伺ったので。

松本:はい、実際やってました。

相葉:それでキャッチャー任すか、と。司令塔に。(松本は)古田(敦也)さんが大好きなので。

松本:そうですね。

櫻井:だって古田さんと(「熱闘甲子園」で)ご一緒するんでしょ?

相葉:そうなんですよ。

松本:羨ましいよ。

相葉:古田さんから当時使っていたキャッチャーミットをもらって。

松本:だからそれくれって。

相葉:ダメダメ!それで俺サード守るんだから。

櫻井:それで守るものじゃないから。

相葉:笑

 

― それではテーマソングのタイトルの発表をお願いします。

相葉:『夏疾風』です。この歌はゆずの北川さんに作っていただいた曲なんですけども、本当に北川さんらしい爽やかな感じもありながら、泥臭いというか力強い楽曲になっています。すごく前向きな曲です。

 

― 北川さんからのコメントをご紹介します。

「長年親交のある嵐さんから楽曲提供のお話をいただき、とても光栄で嬉しかったです。今回は「熱闘甲子園」のテーマソングということで、甲子園×嵐さんのコラボでどういう化学反応が生まれるのか。多くの高校球児にはもちろん、スペシャルナビゲーターを務める相葉さん、そして日々頑張っているさまざまな方の背中を力強く押せるような楽曲にしたい思い、制作に取り組みました。また、僕は嵐の楽曲の中に好きな楽曲がたくさんあり、普段からよく聴いていたので、頭の中で5人の歌声を響かせながら曲作りを進めていきました。高校球児たち、そして多くの皆さんの夢が、『夏疾風』によってこの夏、輝くことを願っています」。

相葉:ありがとうございます。嬉しいです。

 

― 歌詞も素晴らしいですよね.。

相葉:そうですね、選手の皆さんの背中を押す一曲になってくれたらいいなと思いながら歌わせてもらいました。

 

― 相葉さんの中でグッとくる歌詞は?

相葉:そうだな。“約束の日まで涙は見せない”とか、すごく高校野球に当てはまる歌詞がたくさんありますので、高校野球好きな人にも刺さってもらえたらいいなと。

~『夏疾風』紹介VTRが流れる~

相葉:思い出しますね、去年を。中村奨成くんのホームランを僕その辺(1塁側)で見てましたね。

二宮:ちょうど?現場で?

相葉:そう。ちょうど見てた。大阪桐蔭が負けた試合も見てた。仙台育英との試合。

櫻井:何試合来たの?

相葉:だいたいそのひと夏で1回来れればいいかなと思ってる。

櫻井:へえ~実際来たんだ。

相葉:1日ずっと見てるから。だから懐かしいなと。高嶋監督(智弁和歌山)の仁王立ちもそこで見てて。

二宮:そこで?

相葉:そう、そう。あとこのネットね、今年から変わったね。

二宮:いやいやいや(笑)。

松本:めちゃめちゃ高校野球ファンだね。

相葉:笑

櫻井:これ、会見尺の中に収まらないくらいだよ。

相葉:すいません、すいません(笑)。

 

― 紹介映像をご覧になっていかがでしたか?

櫻井:感動しました。めちゃめちゃ感動しました。感動がたくさんのシーンに、北川さんに作っていただいた曲がマッチするというか、よりドラマチックに感じられたなと。良い曲だなと思いました。

松本:その年の、2018年の夏の高校野球の大会って1回しかないじゃないですか。毎回いろんな方がテーマソングを歌っていると思うんですけど、その曲が球児の皆さんをはじめ、応援している家族の方や同じ学校のみなさんにも残る曲になったらいいなと思いますし、自分たちの曲で少しでも勇気付けられたらと思います。

 

― 今年は100回目の記念大会になります。

二宮:100回っていうのもそうですけど、曲とかその年起こるドラマの思い出というのは消えませんから。球児たちがこの甲子園を経て成長していくにつれて、また学校で集まる同窓会のときに流れるとか、そこでまた思い出が蘇ったりとか、今年も意義深い大会になったら嬉しいと僕らも思っています。

大野:ここに立てること自体が特別なことなので非常に、正直戸惑ってますね(笑)。

f:id:kazanehime:20180429084125j:image

松本:そうですね。今まで野球やってこなかったからね(笑)。

f:id:kazanehime:20180429084145j:image

大野:今年100回ということで応援を、僕なりにしようと思います。


― メンバーのみなさんは、相葉さんがスペシャルナビゲーターに決まったとき、どのように思いましたか?

櫻井:やっぱり嬉しかったですよ。相葉くんがずっと(テレビで)甲子園を見ているのを一緒に見ていたので。夏も春もその時期はチャンネル権が相葉くんにあるので。

二宮:(テレビが)ずっとついてるもんね。

相葉:ついてますね。

櫻井:好きでいる甲子園も100回の記念すべき年にメンバーの一人が参加させてもらえるというのは嬉しくて、加えてこうして楽曲まで歌わせてもらえて。相葉さん、ありがとうございます!

櫻井・二宮・大野・松本:ありがとうございます!(深々とお辞儀)

松本:相葉さんのおかげです。

相葉:よかろう、よかろう。

二宮:何?よかろう、よかろう?(笑)

相葉:ほんと嬉しいですよね~。こうやって関われることが。

 

― PR映像をきょう甲子園球場で撮影されたんですよね?

櫻井:はい。いや~まず朝すごく天気が良かったんですけど、誰もいない球場に我々5人が足を踏み入れる瞬間はちょっとゾクゾクしましたね。スポットの映像も楽曲の雰囲気をより伝えられるような映像になると思うので。楽しく撮影できました。

相葉:すごかったよね。来た時、ここ足跡がひとっつもなかったからね。

櫻井:そうだよね。

大野:確かに。

相葉:すごく綺麗に整備されていて。天然芝も珍しいですもんね。


― みなさんは甲子園のグラウンドに立つのは初めてですか?

相葉:80回大会(1998年)の時にバックダンサーとして。みんなだよね?

櫻井:いた、いた。

相葉:リーダーは?

大野:いや、俺わかんないんだよね。

一同:笑

松本:わかんないことないでしょ(笑)。

櫻井:バックのジャニーズJr.のときに足を運ばせてもらいました。

 

― 大野さん、いかがですか?甲子園球場

大野:やっぱり足跡を付けていること自体が「いいのかな?」っていう感じもあり、気になっちゃいますね(笑)。こんなに足跡つけていいのかなって。

 

― 映像は甲子園のオーロラビジョンでも流されるということで、試合の合間などにも。6月1日公開予定です。

相葉:ちょっと恥ずかしいですね(笑)。光栄な限りです。

 

― 100回記念大会で相葉さんはスペシャルナビゲーターを務めますが、改めて意気込みをお願いします。

相葉:本当にたくさんの汗と涙といろんなものが染み込んだこの甲子園球場ですから。それこそ大谷(翔平)くんが投げていたところですから、2年生のときに。そういったいろんな思い出のある大会で選手のみなさんは命をかけて戦っているので、僕も命をかけて応援しますので、盛り上げていきたいと思います。

 

― メンバーのみなさんから相葉さんへのエールをお願いします。

相葉:僕にくれるんですか?

二宮:もうエールとかそういうことじゃないと思います。本当に毎年すごく楽しみにしているので、今回は仕事という形ですけれど、高校野球に対する思いというのは変わらずやってくれると思いますよ。

相葉:お土産買ってくるね。

二宮:ありがとう。ふふ

 

― 櫻井さん、いかがでしょう?

相葉:すいません、僕にエールをください。

櫻井:えー(笑)?毎年楽しみにしている甲子園にこうして携われるから楽しみながらやるんだろうなって思います。もちろん仕事という面が大きいと思いますけど、いちファンの代弁者として興奮を伝えてもらいたいですね。

相葉:いっぱい写真撮って送ります。

二宮:いや、そういうんじゃないんだよ!(笑)

一同:笑


― では球児の皆さんにエールをお願いします。

相葉:そうそう。そっちだ。

松本:まず甲子園に来て試合ができる学校自体がわずかだと思いますし、ひと夏、もっと言えば高校3年間かけて一生懸命がんばった成果があらわれる場所。僕らがそれを背負うことはできないと思うので、とにかく楽しんで、悔いのない夏を過ごしてほしいなと思います。頑張ってください。

大野:勝敗も大事ですけど、一生に一回のことなので、忘れられないプレー、熱い想いを、ずっと忘れられないくらいのすごいものにしてくれたらなと思います。まあ、僕は野球はあまりわからないんですけど…

相葉:それ言わなくていいよ(笑)。

大野:いいですか(笑)?さっき観させてもらった映像でも、鳥肌が立つくらいなので、今回僕も応援したいですね。頑張ってください。

相葉:僕は本当に…

櫻井:相葉さんは最後でいいよ。

相葉:最後?最後ね(笑)。ごめんなさい。

二宮:あはは。勝ち負けというよりも、ここで野球をするということ、夏に本当にいい思い出が作れるように、みなさん今も頑張っていらっしゃると思いますので、怪我などしないようにしてもらえたら。僕らは東京とかでテレビを通して応援することになるかもしれませんけれど、みなさんの活躍を見ていきたいと思います。頑張ってください。

櫻井:10年前くらいですかね。母校が甲子園に出場したので、僕も足を運びまして、観ていたんですけど、サッカー国立競技場、ラグビー花園、そして野球甲子園というのはまさに聖地だと思うんですよね。その聖地の存在感に圧倒されたのを僕も覚えているので、ここに来るまで、地方大会も含めて大変な思いをしてここにたどり着くと思うので、全力を出し切ってもらいたいです。と同時に、今日来て改めて思ったんですけど、応援のみんな、ブラスバンドのみんなとか。僕、子供の時にトロンボーンをやっていたんですけど、金管楽器って外で吹くと、まあ~熱くなるんですよね。その暑い中で全力で応援するみなさんのことも、テレビの向こうで我々が応援できたらなと思います。

相葉:僕はこの球場で、1番近くでずっと応援しますので、選手の皆さん、全力を尽くして悔いのないようにがんばっていただければと思います。頑張ってください!

 

<以下、質疑応答>

― みなさんの野球に関する思い出を教えてください。

松本:大野さんのも欲しいですか?(笑)

一同:笑

松本:僕は小学校1年から6年、中1でジャニーズに入るまでずっと野球をやっていたので、1番見ていたのは小学生の頃。ずっとテレビの前で甲子園を見て、いつか自分も成長して甲子園の土を踏むんだ、と夢見て野球をやっていました。なのできょうはすごく特別な日ですね。来られてよかったですし、野球という形ではないですけど、この場所に来られたことが夢のようです。

大野:僕は小学校3年の時に1回友達に野球やらないかと勧められたんですけど、すごい勧められたので、逆に入りたくなくなって入らなかったんですけど…

相葉:逆にね。

大野:もしあの時に入っていたら、僕は甲子園に出られていたかもしれないです。

二宮:可能性はね。

相葉:可能性はありますね。

大野:そこからは甲子園とは無縁にはなってしまいましたが。でも本当に相葉ちゃんが楽屋とかでもテレビに釘付けで見ている横で僕も見させてもらっていて、すごく僕も惹き込まれましたね。なので今年もたぶん楽屋に行ったら…あ、そっか。相葉ちゃんいないのか。

相葉:(笑)そうそう。会場にいる可能性は高いね。

大野:そうか。じゃあ4人で見ると思います(笑)。

相葉:僕はたくさんあるんですけど、やっぱり松坂(大輔)投手のときはすごく印象的ですね。あと松井秀喜選手とかそのあたりはすごく世代なので見ていました。

二宮:すごく悩みましたけど、マー君田中将大)と斎藤佑樹選手の投げ合いがね~。最後の空振りは忘れられないというか、それが1番思い出深いかもしれないです。

櫻井:僕も野球は未経験なんですけど、先ほど申し上げた通り、母校が甲子園に出た時に足を運んでいるのと、つい先日の甲子園もそうでしたけど、母校の野球部がエンジョイベースボールっていうのを掲げている部活でして。この大舞台でみんな萎縮するのかな、緊張しちゃうのかなと思いながら見ていると、まさにその名の通りエンジョイしながら、楽しみながらやっていて、すごく誇らしく思ったのを覚えています。


高校野球の魅力というのはどんなところにあると思いますか?

松本:大野さんにも聞きたいですか?

一同:笑

櫻井:ぜひ、いきましょう。

二宮:魅力はね。

大野:笑

松本:やっぱり僕が思うのは選手ももちろんそうだと思うんですけど、アルプススタンドで力強く応援している学生のみなさんやご家族のみなさんの姿を見ることによって、よりプレーに惹き込まれるといいますか。甲子園球場の中で一致団結した3塁側と1塁側の2チームが対戦しているという姿にすごく惹き込まれますね。いろんなドラマがより感動的になったり、いい笑顔や勇気をもらったり、涙あふれる瞬間だったり、いろんな感動があるのが高校野球の魅力かなと思います。

大野:そうですね。熱い戦いを終えたあとに、砂を持って帰るというところが。

松本:知ってるんですね。

大野:知ってますよ!

二宮:絞り出したね~。

大野:そこは甲子園ならではのことだなと思います。そんだけすごい場所なんだなというのを知ったときに思いましたね。以上です!

松本・相葉・二宮・櫻井:早いな!

一同:笑

相葉:松本も言ってましたけど、みんなで戦ってるんですよね。全員が、ベンチに入れない人もそうだし、ボールボーイもそうだし、全員で戦っていて、なんていうか一球にもう…健気なんですよね。必死。その姿に心打たれるというか、すごく感動します。

二宮:流れが変わった瞬間が目に見えるというのは一つの魅力なのかなと思っております。どんな点差があろうと、どんなに戦っている高校の力量の差があろうとも、流れが変わる瞬間があって、そこから一気に展開していくっていうのは高校野球のひとつの魅力なのかなと思います。

櫻井:試合そのものもそうなんですが、各校のドラマだったり選手のドラマだったりを知った瞬間、より胸がいっぱいになるというか。それぞれの学校、それぞれの選手たちのドラマが詰まった大会なのかなと思います。

相葉雅紀、甲子園でのルーティーン・行きつけスポットを明かす
― 相葉さんは甲子園球場の常連ということですが、ここに来たらこれは楽しむ、という甲子園球場でのルーティーンはありますか?そしてもし5人で来たらどんな風に楽しみたいですか?

相葉:僕のルーティーンをみんなにやってもらいたいんですけど、夏に来るのですごく熱いんですよ。

二宮:そうですね。

櫻井:真夏だもんね。

相葉:試合も4試合ある日もあるし、汗もダクダクにかきます。まずは甲子園カレーを食べていただいて。今日食べましたもんね? 

櫻井:めっちゃうまかったよ。

松本:2種類食べさせてもらったよね。

相葉:そう。甲子園カレーを食べていただいて、帰りに汗だくなのでサウナに寄って帰るんですよ。

松本:マジで?

相葉:マジで。

櫻井:近くの?

相葉:近くの。そこのサウナでパタパタパタパタされるのよ。(タオルで熱風を仰ぐ仕草をしながら)ある?されたこと

一同:ない。

松本:パタパタってどういうこと?

相葉:(再びジェスチャーしながら)パタパタされるの。

松本:いや、パタパタって何よ(笑)?

相葉:あるのよ。それをしてもらって、最終で帰りましょう。

櫻井:おぉ、満喫して。こっちでご飯も。あ、カレーはお昼?

相葉:カレーはお昼。

櫻井:夜はまた別。

相葉:そうですね。飛行機の中で食べましょう。

櫻井:そういうこと。JALで。

相葉:JALで。

一同:笑


― 『GUTS!」のときに振り付けが野球だったと思うのですが、今回は野球にちなんだような振り付けはあるんでしょうか? 

相葉:なるほど。それは松本さんに聞きましょう。

松本:俺かー(笑)。どうですかね。何かできたらいいですね。すごく爽やかな曲なので、今どういう風にパフォーマンスするときにやったらいいかなというのは考えています。それと同時に、甲子園というとブラスバンドだったり楽曲もたくさんの方に演奏していただけたらなと思いますし、そういうジャスチャーといいますか、振り付けを入れられるように、善処します!(笑)

一同:笑

松本:現状まだ決まっていないんですけど、みなさんと一緒に何かできる振り付けができたらいいですね。

相葉:そうですね。

櫻井:つい2、3日前に完成したばかりのホヤホヤの曲なのでまだ決まっていないところも多いですね。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

 

さとちゃんかわいい💕

走り方も、足跡を気にしながら走っていたのかと思うと愛おしい💕

相葉ちゃんと合流して微笑み合う顔とか、もう死にそうです。

松潤は一々「大野さんにも聞きたいですか?」って

(* >ω<)=3 プー

バントとバウンド間違えるとか、天使だよ〜

╰(*´□`*)╯♡

記者の方々がどんな顔してさとぴを見てたのか、見たかったな〜。

きっと皆さん、デレデレだったに違いない!

 

明日はブログお休みするよ!