ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

嵐にしやがれ~ヒロミさんと話が合わないさとぴ~

 

おはようございます。

 

今日は、先週の嵐にしやがれのお話し。

f:id:kazanehime:20170815103543j:image

ニノちゃんがタキシード。

ってことは、しやがれ記念館ですね?今日は。

さとちゃん、だいぶ日に焼けましたかね?

釣りに行ったのかな?

この日の衣装、中のシャツが薄くて、胸元が開いてて、すごくいい感じ

 

ゲストはヒロミさんです。

私の中で、これまでヒロミさんが嵐の番組にゲストでいらした時には、さとぴはあまりしゃべらないイメージ。

他の4人は「8時だJ」で勝手知ったるという感じで、すごくリラックスして楽しそうにしているのが、対照的に見えるくらい、居心地悪そうにしてるイメージ。

いつもかわいそうだなあと思って見ておりましたところ・・・

f:id:kazanehime:20170815103550j:image

これ見た時に、私はこのシルエットがすぐさとぴじゃん!って分かりましたけども。

そんな、さとぴ1人だけハブにしなくてもよくないですか?って思っちゃいました

(´・ω・`)

 

ヒロミ「なぜか、ま、盛り上がらない」

 f:id:kazanehime:20170815103559j:image

ニノ「大野さん、どなただと思います?」

「いや・・・」

 f:id:kazanehime:20170815103555j:image

ニノ「アナタです!」

「俺?」

 f:id:kazanehime:20170815103605j:image

これはマジで驚いてる顔だな・・・

 f:id:kazanehime:20170815103611j:image

ニノ「ヒロミさん、当然のように釣りやってます」

 f:id:kazanehime:20170815103616j:image

ヒロミ「会話してもこう、『釣りやってんの?』『やってます』・・・。ああ、ないんだ」 

松潤も頷いてるなあ。

ニノ「ちょっと2人で話しといたら? 今後行くかもしれないし」

 f:id:kazanehime:20170815103622j:image

ということで「ヒロミが苦手な大野と2ショットトーク

 f:id:kazanehime:20170815103626j:image

ヒロミ「川行かないの?」

「川はもうほとんど行かないっすね~。ヒロミさんは・・・」

ヒロミ「まあ、どちらかと言うと川とか湖」

「川でしょ?」

ヒロミ「うん」

 

f:id:kazanehime:20170815103629j:image

ヒロミ「川行かない?」

「川行かないっすね~」

ヒロミ「行かないんだ(;^_^A」

「行かないっすね」

 f:id:kazanehime:20170815103633j:image

ヒロミ「俺海あんまり行かないんだよね~。海、なに釣るの?」

「海、あの~やっぱり、マグロまで釣れるじゃないですか」

ヒロミ「うん」

「で、幅が広いじゃないですか、あの、魚種というか」

ヒロミ「うん」

 

f:id:kazanehime:20170815103637j:image

「そこが好きなんです。川は、 同じものしか釣れないじゃないですか」

ヒロミ「いやいやいや。川だっていろんな魚種があって、釣り方もいろいろあるじゃんか」

 

f:id:kazanehime:20170815103641j:image

「船、乗りたいんですよね、僕は」

最近よく鼻に手をやって、てやんでぃ!みたいな顔するけど、なんだろね?

 

f:id:kazanehime:20170815103645j:image

ヒロミ「川も湖も船あんじゃん!」

「まあ、ありますけど~」

だって川は漁船じゃないじゃんね~?

 f:id:kazanehime:20170815103649j:image

ヒロミ「じゃあ、おまえ海行けよ。俺川行くから」

カンカンカンカン~! 

 f:id:kazanehime:20170815103653j:image

ゴングが鳴り、終了~!

翔「合わね~!」

 f:id:kazanehime:20170815103656j:image

ニノ「やっぱダメだ!」

 

f:id:kazanehime:20170815103659j:image

ヒロミ「あの、頑なにね、海だ! って言い張るんだよ!」

だってさとぴは海釣りが好きなんだから。

しょうがないよね~? 

 

多趣味なヒロミさんの、究極の趣味が芝刈りだそうで。

芝が生えた箱庭が用意されました。

手押しの芝刈り機で芝を刈った後、端っこに伸びている、機械では刈れない芝を刈るためのハサミを紹介するヒロミさん。

f:id:kazanehime:20170815103703j:image

 ヒロミ「大野、これやってみな?」

 f:id:kazanehime:20170815103706j:image

シャキシャキ、シャキシャキ・・・ 

 

f:id:kazanehime:20170815103710j:image

手も綺麗だし、筋もいいね~ 

 あっ!筋って手首の筋ね!

 f:id:kazanehime:20170815103713j:image

「あ、これ・・・これヒロミさん、楽しいわヾ(≧▽≦)ノ」 

うん、こういうのさとぴ絶対好きだと思うな。

 f:id:kazanehime:20170815103716j:image

松潤もやらされますが・・・

ヒロミ「雑にやんじゃないよ、おまえ、そうやって!」

 

f:id:kazanehime:20170815103720j:image

「おい、聞いてんのかよ!おまえ!」ビシッ!

その後ろで小さく座ってるさとぴがかわいいこと

 

f:id:kazanehime:20170815103746j:image

ヒロミさんに怒られる松潤

さとぴも楽しそうに笑ってる!・・・って、えっ?胸元ヤバいんですけど(/ω\) 

 

f:id:kazanehime:20170815103752j:image

ヒロミ「ほら、こうやって芝を手で起こしながらやるんだよ !」

後ろでさとちゃん、ハサミの角度を変えてみたり、興味津々。

 

f:id:kazanehime:20170815103755j:image

 松潤「だって全然楽しくねえんだもん!」

ヒロミ「マジで?」

大ウケしてるさとちゃんでしたヾ(≧▽≦)ノ

 

 

最後にちょっとだけ分かり合えてよかった。

でも別に、無理に共通点見つけてもらわなくてもいいし。

気が合わないんだったら、しょうがないよね?