ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

忍びの国・前日番宣〜ビビット〜

 

こんにちは。

 

引き続き、忍びの国公開前日の番宣のお話し。

今日は「ビビット」です。 

f:id:kazanehime:20170811093636j:image

太一「さあ、それでは、素敵なゲストをご紹介しましょう!明日公開の映画『怪物くん』から・・・」

 

f:id:kazanehime:20170811093641j:imagef:id:kazanehime:20170811093646j:imagef:id:kazanehime:20170811093653j:imagef:id:kazanehime:20170811093722j:imagef:id:kazanehime:20170811093728j:image

「違う違う違う! 『怪物くん』関係ない!『怪物くん』じゃない!あれもう6年前」

 

f:id:kazanehime:20170811093733j:image

太一くんにすがるようにして、困った顔のさとちゃん💕

太一「あ、明日公開の映画『忍びの国』から、え~、大野智さん、そして石原さとみさんです。よろしくお願いしま~す!」

2人「お願いしま~す!」

 

f:id:kazanehime:20170811093736j:image

太一「さあ、いよいよ明日公開ということですけれども」

「はい」

太一「どうですか?今。どんなご気分ですか?」

「いや、もう去年の夏に撮影したんで、約1年ぶりなんで」

太一「あ、そうなんだ!」

「はい。やっとという感じですよ。ええ」

 

f:id:kazanehime:20170811093741j:image

太一「ということでまずですね、大野くんのかわいい後輩でもあります、シゲさんのコーナーがありますんで」

「ああ、はい」

太一「そこもお付き合いください」

「了解です!」

シゲ「いや、先に宣伝したほうがいいんじゃないですか?」

レギュラーとして右のほうに座ってるシゲちゃん、ちょっと照れてるみたい。

 

シゲちゃんのコーナーが終わると・・・

f:id:kazanehime:20170811093745j:image

シゲ「続いては、大野くんから」

「はい!ええ、映画『忍びの国』、いよいよ明日公開です。こちらをご覧ください」

 

映画の紹介VTR、メイキングが流れます。

浅草寺で行われた、大ヒット祈願の様子も。

f:id:kazanehime:20170811093758j:image

もし自分が戦国時代で生きたとしたら?

「戦とか出来ないから、やっぱり逃げちゃうんじゃないですかね?忍びですから。忍びになりたいけどなれない、逃げてしまう弱い男になりますかね?」なんて心中を明かして、苦笑いするお顔も💕

 

青森大学には忍者部があるそうで (^_^;)

f:id:kazanehime:20170811093802j:image

部活動の様子を興味津々に見入るさとぴ。

すごくアクロバティックな内容で、もちろん手裏剣なんかを使った練習もしてましたけども。

 

f:id:kazanehime:20170811093804j:image

部長さんが元男子新体操部の方で、前回のリオオリンピックの閉会式でも踊っていたそうです。

お口アングリで見てるさとちゃんでした💕

 

ここから映画の話しに。

f:id:kazanehime:20170811093808j:image

太一「ただ、あれでしょ? 映画の中でも殺陣のシーン結構あって、結構たいへんなんでしょう?」

「そうっすね〜、ま〜結構殺陣、アクションの種類もいろいろあったりして、そんであの〜最後の亮平くんとの一騎打ちの殺陣があるんですけど」

太一「これがそのシーン」


無門と平兵衛の一騎打ちのシーンが流れました。

 

「そう。これ3日、もう撮影」

太一「3日間!」

「びっしりやりましたね、これは。一手間違えるだけで、食らっちゃうんすでよね。そのくらいの至近距離での戦いだったんで」

太一「うん、ほんとだ。近いっすね、かなりね」

 

f:id:kazanehime:20170812121603j:image

相関図で登場人物が紹介されました。


太一「そんな役なの?」

「そんな役なの。なにも、そんなに戦うことがめんどくさくてやりたくないっていう役で。でもいざとなると伊賀一強いっていう」

太一「それさとみちゃんが強いっていう役でもあるの? その、妻として」

さとみ「メンタル面で」

太一「メンタル面で強い」(^_^;)

さとみ「そうです。 力っていうよりも、ちゃんと欲を持ちなさい、とか、ちゃんとあの荒稼ぎというか、する人じゃなくて、侍になって欲しいとか。妻としてこう、正しい方向正しい方向へって言うんですけど、最後はこうなにが正しいのかとか、忍者って何なんだろうとか、忍びって今でいう何に当たることなんだろうとか、なんかいろいろとメッセージ性もありますね」

太一「あ~、メンタル面を支えているところもあるということだと思うんですけども」

 

f:id:kazanehime:20170811093810j:image

太一「まああの、現場では結構盛り上がってたんでしょ? 撮影中というのは」

「そう、あんまり絡む、がっつり絡む方ってのがあんまりいなくて、さとみちゃんとが一番絡んでて」

 

f:id:kazanehime:20170811093814j:imagef:id:kazanehime:20170811093816j:image

「合間は、ずっとしゃべってましたね」

さとみ「はい」

見つめ合う2人💕

太一「どんな会話したんですか?」

「あのね、ほん、地元がリアルに一緒で。ずっと地元の話ししてました」

太一「相当ローカルな話しすると周りついてこれない感じだよ?地元の話だけになると」

 

f:id:kazanehime:20170811093819j:image

「で、監督が、僕らの地元に今住んでて」

太一「え~!」

「3人で会話するんですけど、どんどんあの、ローカルな話になってって監督ついていけなくなっちゃって」

太一「監督がいなくなっちゃう、その場から。あ~、いいですね〜でもね〜」

 

f:id:kazanehime:20170811093822j:image

太一「ということで、最後になりましたが、大野くん、カメラに向かってメッセージをお願いします」

「はい。非常にあの、忍者のことを知れる映画になっているんで、ぜひ見に来てください。そして、明日明後日はですね、舞台挨拶の生中継が」

太一「生中継!」

「ある、映画館もあるので、ぜひ見に来てください!」

2人「ありがとうございました!」

 

先輩の太一くん、後輩のシゲちゃんがいて、さとぴも少しリラックスモードでしたかね。

それにしても、やっぱり太一くんのMCって、なんか浅くて好きじゃないなあ。

映画を事前に見ていないのもあるけど、まあ、ただ単に太一くんが苦手なだけかな?

 

昨日も忍びの国見て来ましたよ!

下の娘が初、忍びの国体験したんですけど。

やはり最後、号泣です。

しばらく茫然としていて、感想を話しているとまた泣き出すという感じでした。

私のリピートしたくなる気持ちを、とても理解してくれました!

地元の映画館では、すでに小さい箱で1日1回の上映になっています。

でも行くと、必ず満席です。

もっと増やしてくれればいいのに。

きっと予約なしでフラッと見に来て、入れない方がいると思うんです。

まだ上映終了の見込みはないようなので、あと数回は見られそうです。