ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

忍びの国〜初日舞台挨拶 午前の部 生中継レポート〜追記あり

 

こんにちは。

 

先ほど、2日目舞台挨拶生中継上映回を観て参りました〜。

3回目の上映も、飽きることなく感涙して帰って参りました。

今日は小学校高学年くらいの女の子がお隣に。

時々、ガサゴソと音を立てたりしていましたが「ああ、大ちゃん死んじゃった・・・」とか呟いてたり、最後は号泣していたり、かわいいなあと思ってしまいました。

これは3回目の余裕というやつでして、昨日の午前は隣のおばさんが、カバンの中のスナック菓子をガサゴソと音を出して食べていて気が散ってしまい、午後は主人の隣の男の子が飽きてしまっていて、グダグダうるさく、注意した程でした。

子供も楽しめると、確かにさとぴも言っていましたが、2時間ずっと集中しているのは、やはり難しいようです。

 

さてさて、覚えている範囲ですが、レポートしてみます。

 

《1日目、午前の部》

 

前の方に、記者関係者が座り、結構長い間準備中。

壇上の真ん中に白い紙を持ったスタッフが現れ、マイク音量とホワイトバランスのチェックをお願いしていました。

 

司会は、みんなのえいがの杉山アナウンサー。

「つなぐ」が流れ始め、さとぴを先頭に出演者が左側から登場。

思ったより黄色い歓声が少ないかな。

立ち位置は右から中村監督、談春さん、亮平くん、さとみちゃん、さとぴ、伊勢谷さん、知念くん、マキタさんです。

 

1人ずつご挨拶。

「お忙しい中、本日はありがとうございます。映画は6年ぶりということで、非常に新鮮でしたね。夏の撮影で暑かったんですけど、それも感じさせない演技だったんじゃないでしょうか?(ドヤ顔) えー、ようやく公開といった感じですね」

f:id:kazanehime:20170703082416j:image 

ここで、杉山アナから、全国169ヶ所に生中継されていることを教えられるさとぴ。

f:id:kazanehime:20170703082457j:image

でもなんかよくわかってないようなお顔(^_^;)

全国の皆さんにもご挨拶をと、お願いされ、キョロキョロした後、左から撮るカメラに向かって、

「あ、どうも。全国のみなさ〜ん。初めまして〜大野智で〜す」

と手を振るさとぴ(^_^;)
伊勢谷さんか誰かに「不慣れか!」とか突っ込まれてました。

f:id:kazanehime:20170703082514j:image 

今まさに、169分身していると聞き、

「ああ、なるほど!よろしくお願いしまーす」

と、また左のカメラに手を振るかわいいさとぴ💕

撮ってるカメラの映像は、全部生中継されているのに、なぜか左から撮るカメラが生中継専用みたいになってるのが可笑しかったです。

 

さとみちゃんは、映画のプロモーションが今日で終わるのが、卒業みたいな気持ちで寂しいと言っていました。

 

伊勢谷さんは、忍者がはちゃめちゃなので、自分はちゃんとやろうと頑張ったという話を。

 

亮平くんは、いきなり「グッモニスタ!」をぶち込んできて、「こんな感じでしたっけ?」って。

「今日、彼(満島くん)いないから!」

亮平「そう、彼いないから代わりにやっておこうと思いまして」

亮平「汗にまみれ、血糊にまみれながら頑張りました。大野くんとの川のシーンを撮影する前に、大野くんとさとみちゃんのラストのシーンの撮影があって、(撮影の順番が本編とは逆になるので)あのシーンの(さとぴの)表情をまた引き出さないといけないよと、監督に言われてプレッシャーでした」

 

談春さんの挨拶の時には、独演会の話題を杉山アナが振る場面が。

独演会の様子を聞かれると、「もう、狂喜乱舞よ!」とおっしゃっていました。

 

知念くんは、まず中継用(になっちゃってる)カメラに向かって、「島根〜!鳥取〜!」とかわいくお手振り。

伊勢谷「なんで山陰地方だけなの?」

知念「なんとなく・・・全部言う時間ないから、残りの45のみなさ〜ん!」

その後、「デビューの時よりもこの映画の出演が決まった時の方が嬉しかったです」と言う知念くん。

f:id:kazanehime:20170703082613j:image

「おい、そういうこと言うな!ジャニーズ事務所に怒られるから!」とさとぴ(^_^;)

f:id:kazanehime:20170703082632j:image

「そういうのは心の中に秘めておけ!」

この言い方がね、かわいいの💕

小さめの声で、コッソリ諭す感じで。

f:id:kazanehime:20170703082648j:imagef:id:kazanehime:20170703082652j:image 

 

マキタスポーツさんは、やはりお笑い芸人の一面を出してましたね。

マキタ「どうも、マネージャーのマキタでございます。この度はうちの知念が・・・」

と、ボケから始まり、

マキタ「ちゃんと役者として出ております。石原さんとの濡れ場も今回演じさせていただきまして」

いやいや!そんなシーン撮ってないですから!と総ツッコミ。

さらに、「見事にカットされてましたけども」と続けると、カットされてるとかの前にそもそも撮ってないですから!と再ツッコミを受けていました(^_^;)

 

中村監督は、トロントの映画祭で特別監督賞を受賞されたことを賞賛されました。

トロント、上海と、海外組になっていると少しお嘆きに(^_^;)

トロントは最初から意識して作っていたそう。

無門とお国のやりとりは、外国人にすごくウケたそうで、信雄のヘタレっぷりも大変ウケたそう。

吹き矢も好きで、最後のところは「ヒャ〜!」と声を上げて観ていたけど、無門が叫ぶシーンは、し〜んと静まり返って見入っていたそうです。

映画祭のジャッジマンたちは、審査のために何回も映画を観るけど、2〜3回目の方が面白いと言ってくれたそうで、みなさんも何回も見てください、と宣伝していました。

 

挨拶に続いては、誰かの頭の中に忍び込んで覗くとしたら、誰の頭の中を見てみたいか、というお題が。

f:id:kazanehime:20170703083045j:image

 

ここでもマキタさん、自分のハゲ頭になるわけじゃないですよね?なんて、ボケてました(^_^;)

 

みんなで一斉に指を指しますが、横一直線に並んでいるので、誰が誰を指してるのか、さっぱりわかりません(^_^;)

 

さとぴを指していたのは、さとみちゃん、知念くん、監督、マキタさん。

さとぴを指したさとみちゃんは、「これまで、いろいろプロモーションとかで結構ご一緒させていただきましたけど、どんな人なのか、未だにさっぱりわからない。生活感がない」と。

f:id:kazanehime:20170703083139j:image

「なにが?なにがわかんないの?結構一緒にいたよ?」

f:id:kazanehime:20170703083200j:image

さとみ「健康状態、内臓含め・・・猫背だけど肩凝らないって言うし、激しいアクションしても、アイシングとかマッサージとかしなくても次の日ピンピンしてるし。痛みとか、神経とかすごく気になります」

f:id:kazanehime:20170703083216j:imagef:id:kazanehime:20170703083221j:imagef:id:kazanehime:20170703083244j:image

「フフフ(^_^;) 1回病院で診てもらいますよ」

 さとみ「昨日ぴったんこカンカン放送されましたけど、その収録でものすごい私たち食べて、その次の日がVS嵐の収録だったけど、私はまだお腹が辛かったのに、大野さんはケロッとしてて、『もう平気だよ』って言ってて。そんなに時間空いてないんですよ?」

「僕ちゃんと出してますよ。食べたら出すんですよ!消化が早いんですよ!」

みんなも同感のようで、さとぴは一体何を考えてるんだろうと不思議そう。

「みんなと同じですよ、今日何食べようかなあとか・・・」

f:id:kazanehime:20170703083312j:image

さとみ「へぇ〜!」

「へぇ〜!じゃないよ!」

f:id:kazanehime:20170703083334j:image 

 

さとぴが指したのは亮平くん。

「彼は変態なんじゃないかと・・・ほんとに変態なのか確かめたい」

亮平「嵐は変態仮面が好きすぎるんですよ!」

「5人はそれ思ってるから」

亮平「普段頭にパンティー被ってないから!あれは役ですから」

「あ、本当?4人に伝えとくわ」

 

続いてはフォトセッション。

鏡開き用の酒樽を前に、記者向けにポーズをとる出演者さんたち。

最初は例の理由で、さとぴと知念くんはいません。

2人はステージの端っこで、ちんまりとくっ付いて、鏡開き用の小槌を持って待機。

カメラが向くと、ガッツポーズをする2人(^_^;)

かわいかったです💕

 

フォトセッションの後は、鏡開き。

掛け声を頼まれるさとぴ。 


「パーン!にする?」

会場中が「え〜〜っ!」

そんなのいつ行ったらいいかわかんないと、みんなからブーイングが(^_^;)

「え?映画の名前が入った方がいいのか・・・分かった!じゃあ、忍びの〜で割って・・・」

f:id:kazanehime:20170703083422j:imagef:id:kazanehime:20170703083430j:image

伊勢谷「なんでそこで切るの?普通、忍びの国〜!で割るんじゃないの?」

「いや、忍びの、で割って、国〜で顔上げて顔作って!」

マキタ「顔芸じゃねえか!」

f:id:kazanehime:20170703083452j:imagef:id:kazanehime:20170703083457j:image

総ブーイングにもめげず、もう思いついちゃったからと、押し通すさとぴ。

ここはもう、振付師さとぴでしたね。

会場全体がさとぴの雰囲気に巻き込まれてしまった感じです。

こういう魅力、ほんとにスゴイです。

 

結局そのまま決行され、

「みんなも言ってよ!行くよ!せ〜の!忍び、のっ!」

パーンっ!

「国〜!」

f:id:kazanehime:20170703083530j:imagef:id:kazanehime:20170703083534j:imagef:id:kazanehime:20170703083537j:imagef:id:kazanehime:20170703083542j:imagef:id:kazanehime:20170703083546j:imagef:id:kazanehime:20170703083551j:image

みんな顔を上げて、いい笑顔に!

大爆笑に終わりました(^_^;)

 

最後にさとぴからもう一度ご挨拶。

「みなさん今日はありがとうございました。1回だけでなく、何回も見てください。僕ら一生懸命作りました。みなさんも一生懸命見て、みんなに伝えてください」

 

最後にみんなで三本締めをして終了することに。

音頭をとるのはもちろんさとぴ。

スタンドマイクが用意されると、足を前後にめちゃくちゃ大きく開くさとぴ(^_^;)

出演者一同がそれを見て、またツッコミ(^_^;)

「えっ?何、そのポーズ」

「それでやるの?」

f:id:kazanehime:20170703083555j:image

「気合い入れないと!」

忍びの国の大ヒット祈願と、お客さんの健康を祈って!!」

エナジーソングちっくな掛け声で、しかもみんなの健康を祈っちゃうとこがさとぴらしかった💕

 

惜しまれながらも退場して行きました。 

 

とにかく会場全体がさとぴの雰囲気になっていて、ほんとにこの人の人柄がどんなに素晴らしいのかがわかる舞台挨拶でした。

 

 

午後の部、2日目は次の記事に書きます。

フォトセッションや鏡開きはもうなかったので、少し短めになっています。

 

追記

パンフレットの一番後ろにグッズが載っていて、ステラ通販で、通販も扱っているということです。

でもやっぱり、チケットホルダーは売り切れでした。