ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

忍びの国 公開初日に観てきました

 

おはようございます。

 

昨日は前の記事にも書かせていただいた通り、忍びの国日舞台挨拶生中継付きの回を2本、観て参りました。

 

まだ初日ということで、ネタバレになることは書きませんが、本当に良かったです。

予告やプロモーション、雑誌などで既出の部分は書いても大丈夫かな?

嫌な方はスルーしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

私は原作を読み込んでいたので、内容的には流れが分かっていましたが、(もちろん、映画を見ながら小説と比べる余裕はないですが)小説は小説。これはこれ。という感じです。

そもそも登場人物が違いますし、シチュエーションも違うところがたくさんありました。

でも全然違和感なく、忍者たちの非情さ、大膳、左京亮、信雄らの心の葛藤、そして無門とお国の愛もよく纏められていました。

十二評定衆の企みの演出もうまかったなあ。

いかんせん、時間的に、カットしなければならないところがありますから、中村監督のお話しから、カットしたであろうシーンを予想すると、あのシーンも欲しかった!という気持ちはやはり否めません。

でも本当に良かった!

涙、涙ですよ。

大膳ら家臣と、信雄の、気持ちをさらけ出すシーンは、さとみちゃんも泣いたと言って知念くんを褒めてましたけど、最高でしたね。

もちろんさとぴのアクションもすごかった。

飛ぶ!飛ぶ!

ワイヤーを身体中に巻きつけて解きながら横に回るという、あのさとぴが痛い痛い言っていたアクションのところは、すご〜い!と思うのかと思ったら、大笑いしちゃうような演出になっていて、驚きました。

亮平くんとさとぴの川のシーン。

目が離せない。よーく見てても、早すぎて追いつけない〜ヽ(´〜`; 

おばさんは動体視力が衰えてるので、必死になって見てました(^_^;)

亮平くんとさとぴが持つ武器が違ってて良かった。

同じだったら区別がつかないから・・・

迫力満点です。

決着がつく辺りは、予告にも映っていないシーンでしたが、めちゃくちゃ泣きました。

「亮平くんとは戦友になった感じです」って言ってたさとぴ、 まさしくその通りでした。

 

エキストラの忍者の方々には、本当に頭が下がりますね。

本当にたくさんの忍者役が必要だったのだと、改めて思い知らされました。

忍者たちは、とってもコミカルで、笑いを誘います。

とにかく演出や撮り方が面白い!

何回も見ると、もっともっと、違う目線で見られると思いますね。

 

やはり途中から、無門の目がガラッと変わります。

ゾクッとするくらい。

やっぱりさとぴは目と表情で演技する役者なんだと改めて実感。

無門の「必ず助けてやるからな」のところは、涙腺が崩壊ですよ。

最後の最後の終わり方は、小説とも違っていたので、私も「へー!そうなったんだ〜!」と思いました。

小説を読んでいない方にとったら、衝撃の結末かも。

実際、周りにいた方で上映終了後、「あんな終わり方なんて知らなかった!」なんて言っている人もいましたね。

私が見た映画館だけかもしれないですが、見終わって外に出て行く間に感想を口にする人がほとんどいないんです。

私は、1回目は1人で、2回目は主人と見たんですけど、主人も帰るクルマに乗るまで話しませんでした。

「おもしろかった?」と聞いたら初めて、感想をめちゃくちゃ話しだし、思い出して涙するという、ちょっと引くような光景も見られましたが(´゚ω゚):;*

ああ、もちろんすごく感動して、心にたくさんのことが残った、いい映画だったと褒めてましたけどね。

なんか、見終わった後に、放心しちゃうのかなんなのか、自分でもよくわからないんですけど、さとぴが言ってた通り、本当にお腹いっぱいな感じなんです。

そうそう、さとぴが今までのプロモーションで話してた、あのイマイチ伝わらない、下手くそな宣伝文句ありましたよね。

盛りだくさん、涙あり笑いありアクションあり、忍者のことがよくわかる、ラブもあるなんて言ってて、ニノちゃんにも「全然内容が伝わってこない」なんて言われたけど。

見たらその通りなの(* >ω<)=3 プー

ネタバレ出来ない、最大限の宣伝文句を、さとぴはちゃんと話してたんですよ〜(^_^;)

 

6/30にアップした対談の記事の内容は、かなり公式なものみたいです。

パンフレットにも内容が載っています。

 

グッズは、朝から行ったら結構残っていて、私はタオルとマグネットとパンフレットを買いました。

チケットホルダーが欲しかったんですけど、売り切れでした。

帰りはグッズの棚はスッカラカンでした(^_^;)

家に帰った、TBSの通販で購入したトートバッグが到着していて、なんてタイムリー?って嬉しく思いました。

チケットホルダーはセブンの通販にもあるのですが、そこでも売り切れです。

生中継付きの上映をしていない映画館に行くのも手かなあと思っております。

 

今日も観に行くことにしました。

今日の舞台挨拶は大阪でさとぴと知念くんの2人きり。

2人きりということで、いろんなことするみたいなので、行ってきます!

もちろん生中継付き上映回ですよ?

 

3回分の舞台挨拶の内容は、明日記事にしますね〜。

覚えてられるかな?

頑張ります。