ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

忍びの国~アカデミーナイトG 和田竜さんインタビュー~

 

こんにちは。

 

今日は、昨日のアカデミーナイトG のお話し。

原作者の和田竜さんに、歴史好きなロバート山本さんがインタビュー。

山本さんの質問に和田さんが答えてくれるという形式でしたが、とっても興味深い物でした。

原作を読んでいない方には、ちょっと分かりにくかったでしょうか。

和田さんの丁寧な執筆活動ぶりが伺える、素敵なインタビューでした。

 

f:id:kazanehime:20170524082358j:image

カッコいい方ですよね。

渋いというか、ダンディーというか・・・ 

 

題材選びのポイントはバトル。

バトルものが好きで、バトル=合戦、自体が史実としておもしろいかどうかが重要事項なのだそうです。

 

f:id:kazanehime:20170524082401j:image

執筆するにあたっては、バトルがどういう経過で起きて、実際どのような戦いが行われたのかということを調べることから始めるそう。

国会図書館などで史料を片っ端から読み込むそうです。

忍びの国を執筆した際の史料の一部を見せてくださいました。

江戸時代に書かれた、伊乱記だそうです。

 

f:id:kazanehime:20170524082405j:image

合戦の場合、両方の国の史実を集めて読むという徹底ぶり。

史料の中に「三国地志」という文字が見えます。

するとその本を引っ張り出してきて読むのだそうで(;^_^A

新たな史料に出会うたびに芋づる式に調べるんですって。

すごい労力です(>_<)

忍びの国の執筆では史料集めだけで半年を費やしたそうです。

 

f:id:kazanehime:20170524082408j:image

史料の中には忍びの国で描かれている丸山の地に関する記述もあります。

この 丸山の地に建てたのが、例の丸山城ですね。

 

f:id:kazanehime:20170524082410j:imagef:id:kazanehime:20170524082413j:imagef:id:kazanehime:20170524082416j:image

伊賀忍者はなぜこんなことをしたのか、という部分を和田さんの想像で執筆していくのだそうです。

なるほど・・・

事実と事実を想像でつないで物語にするわけですね。

 

f:id:kazanehime:20170524082419j:image

史料の中に阿波口という文字が見えます。 

史料を読んで理解したら、今度は現地に実際に行ってみるそうです。

距離感などがわかって書くのに参考になる。

最もいいのは馬よりちょっと遅いぐらいの自転車だそうで、当時の人が出せるスピードということです。

ほんとに徹底してます。

すごいです!

 

f:id:kazanehime:20170524082423j:imagef:id:kazanehime:20170524082425j:image

この阿波口というのは、伊賀に入るための入り口の一つで、織田軍が伊賀に攻めてきた際に使われた3つの入り口のうちの一つ。

和田さんは3か所とも、足を運ばれたそうです。

原作では3か所から同時に攻め入る織田軍の様子が細かく書かれています。

実際に足を運び、距離感やスピードも矛盾なく書かれていることが伺えます。

脱帽物です。

 

f:id:kazanehime:20170524082429j:image

現地へ行って体感したら、地図を作るそうで(@_@)

ルートなどを書いた畳2枚分ぐらいの伊賀の地図で、織田信雄の進軍経路が把握できるようになっているそうです。

すごい~!

ほんとに歴史がお好きなんでしょうね。

特に合戦が好きなのがよくわかります。

和田さん、タイムスリップして戦国武将になられたら、天下統一してしまうのでは?

 

f:id:kazanehime:20170524082431j:image

こんなにこだわりを持って書いていらっしゃるとは、申し訳ありませんが知りませんでした。

「事実を想像でつなぐ」 というところが、作家さんの腕につながってくるのでしょうね。

すべてを想像で書くよりも、はっきりとわかっている事実は曲げずに、脚色を加えていく。

だからリアリティーがあっておもしろいんですね~。

 

ロバート山本さんは「忍びの国」のエキストラ登録をしていたそうで、和田さんもびっくりされていました。

スケジュールが合わず、結局行けなかったそうですが・・・(´・ω・`)

「エキストラの募集もたくさん来ていたので、相当なシーンを撮ったんだろうなと思う」と山本さんが言うと、和田さんは「とにかく人間が必要なんですよ、もう。非常に珍しいんですよ、だから。金がかかって作るのがたいへんな映画ですから。そういった大きな映画だということも、楽しんでもらいたいなあと思います」とおっしゃっていました。

 

直美ちゃんのお部屋のようなスタジオにこの日来ていたのは、ニコルちゃんとニッチェ江上さん。

2人とも興味津々。

歴史が分からなくても見たくなる。

家族みんなで見られる。

生まれて初めて歴史物の映画を見たいと思った。

という感想を話してくれましたヾ(≧▽≦)ノ

嬉しいですね(お世辞でも・・・)

 

そういえば、ずいぶん前に、この映画にはベッドシーンがあるんじゃないかとか騒がれてましたけど、結局どうなんでしょうね?

たしか、11月のあゆはぴコンのMCで、相葉ちゃんに「ちゅ~はありますか?」って聞かれて「あります」って答えているんだよね、さとぴ。

原作どおりなら、キスシーンもベッドシーンもありそうだけどな・・・

きっとこれまで公開されている予告とか特報は、ほんとにほんとに一部分の、ほんのちょっと摘まんだ程度のものなんだろうなあ。

あの短い何分かを見ただけでも、こんなに期待しまくって、舞い上がっちゃってるのに、本編見たらどうなっちゃうんだろう。

ああ、5/31にもう味わえちゃう人がいるのか・・・

うらやましいわ~(>_<)