ぶんぶんママのブログ~智でいっぱい~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶんぶんママのブログ〜智でいっぱい〜

大野くん大好きおばさんのつぶやきです。

大野智くんのさとラジ〜搭乗ゲートで引っかかるのがイヤ〜

智くんラジオ

 

こんにちは。

 

今日は、今朝のさとラジのお話し。

今日の一言は、さとぴの師匠、ブルース・リーさんのお言葉。

「重要なのは日ごとに技量が増えることではなく、減らすのを心掛けることだ。つまり、実質に関係ないものは、どんどん捨てることである」

「おお~聞いたことありますよ」って嬉しそうなさとぴ

「いろんなものはね、どんどん削っていくと。捨てていくんだということですよね。ええ、自分にもう必要なくなったことはね。なかなか捨てられないじゃないですか、ね?物でも何でもそうですけども。ええ」

「僕はねえ、最近っつうか、もう結構捨てるようにしてるね。うーん。だって確かに、これ取っておいてもしょうがないし・・・とか思う物は捨てちゃうね。ただね、服だけは捨てないかな。」

私もそう。

結構捨てられる方だけど、服はつい取っておいちゃうの。

着れるわけないような、昔の服も、お値段が良かったものとかは捨てられない。

綺麗なものだけだけどね。

でもここ何年かで、そのお蔵入りの服が日の目を見る日がやってきた。

なんと、娘が喜んで着てくれるのですよ~!

だから最近は、娘さえも着ない服は捨てる勇気を持つことにしています。

「あのねえ、うちの母ちゃんがね?あの、洋服買うんだけども、たまにこう僕の家に、こう新しい服が並んでるときがある」

「もちろん着るんだけども、でも昔っから着てる服に行きたがるんだよね、(行きたがる)自分がいるんだよ」

「『何でそればっか着んの?』わかんない。落ち着くんだろうね。でもね、新しい服も、1回着ちゃえば、もうたぶんそれず~っと、殿堂入りみたいになるんだけども(;^_^A そこができない!」

「ふふっ(^^♪ 2017年のファッションチェックしちゃう?まず、デニムのシャツ、シャツ(^^;) 白Tだね、これはもらいもんだね。このベルトなんて、10年ぐらい使ってる。年季入ってる。ぼろぼろでしょ?ほら、もう穴んとこなんてハゲちゃってるよ(;^_^A でもね、このベルトの何がいいってね、あの~飛行機んときに、荷物検査のとこ通るじゃない?鳴らないの、これ。それでずっと着けてるの」

(* >ω<)=3 プー 

もう途中の「飛行機んときに」って言った瞬間から分かっちゃったよ。

そんなに鳴るのいやなのね・・・(´・ω・`)

飛行機に乗る時だけそのベルトにするとかはダメなのかな?

小物はちょっとおしゃれな、小奇麗なの使って欲しいなあ。

「あそこで引っかかるのがねえ、ちょっとやだ。うん。緊張すんだよ。なんも悪いことしてないのに~鳴ったらショックじゃん。」

ああ、そんなに嫌なのね(;^_^A

「あと、知ってる?僕ねえ、ちょっとねえ、このベルトしててもちょっと不安はあるの。だって一応金属の部分あるからあ、ちょっと不安なときあんの。でもあれ、わかんないけど、ちょっとあそこ通る時、ちょっと一瞬速く通ってくんだよ。スンって(;^_^A あんまり関係ないと思うんだ。関係ないとは思うけどね?ゆっくりだと完全に、むしろあそこに止まってたらわかんない。このベルト、反応しちゃうかもしんない(;^_^A」

おもしろいこと考えてるなあ、さとぴは。

「スンって」って そんなかわいい擬音使うの、さとぴぐらいよ?

あそこをスーッと通ることに楽しみを感じているようで(;^_^A

松潤がよく鳴らすんですよね?

この前のツアーでは靴が原因だったようですが、誰が見ても靴が原因なのに、最後まで脱がなかったと言ってましたねヾ(≧▽≦)ノ

鳴ると目立つのも嫌なのかもしれませんね。

でも、だからってねえ(;^_^A

10年も同じベルト使うっていうのは、ちょっと芸能人らしくないんじゃないですか?

小奇麗にしてくださいよ!